17th 1月, 2014

“アップルパイ さんの質問:
犬には超大型犬から極小犬までいますが、猫はそんなに大きさに差がないのはなぜですか?

小原(新潟大農学部助教授) さんの回答:
ネコでも作ろうと思えば野生の近縁種や大型種を掛け合わせて
もっと大きい猫種を作れると思いますし、
可能なら手っ取り早く、トラやライオンを数世代にわたって
大人しい性格の個体を選別して繁殖させ家畜化することもできるでしょう。
でも、道を歩いていて体高1mの野良ネコがいたら、あなたは恐くないですか?
100kg近くにもなる犬種を特別な許可無しに飼えるのに、
イエネコ以外のネコ科の動物を飼うのに保健所と警察の許可がいるのは何故でしょうか。
なぜなら、イヌとネコでは戦闘力が違い過ぎるからです。
セントバーナードやマスチフと同大のネコはピューマやヒョウですが
ピューマは体重350kgもあるグリズリー(アメリカクロクマ)より強い猛獣です。
30kgほどのオオヤマネコでも、シカやイノシシを殺します。
今のネコの大きさ(3~12kg)が普通に人が危険無く飼える限界なのです。”

無駄な知識などない:犬には超大型犬から極小犬までいますが、猫はそんなに大きさに差がないのはなぜですか? (via ona) (via nakano) (via mitaimon) (via yamato) (via yaruo)

2010-07-22

(via gkojay)

(via kasa51) (via edieelee) (via shinjihi) (via toutiku-m44) (via mitukiii) (via flatmountain) (via precall) (via k32ru) (via hisaruki) (via yaruo) (via nwashy) (via dannnao) (via sakurasakuras)

(via andi-b)

(via ponco) (via omoro) (via girio) (via galiya)

(via xlheads) (via twominutewarning) (via nine009) (via k-a-i-r-i)

ほー

(via odakin)

(via myk0119) (via junmyk) (via zaiga) (via kitutuki) (via nanikano) (via gutarin) (via tetsujin28mm) (via 4kshike)

(via mitaimon) (via motomocomo) (via costadelnumero) (via kitelette) (via ran0101)

(via RANのメモ)